キャリアサバイバル実践記

新卒で入った会社が業績不振で入社2年目にリストラ。その後、東証一部上場企業や米系金融機関、外資系IT企業などで人事を経験。20代で起業を試みるも大失敗して地獄を見るも、32歳になって再チャレンジ中。事業に対する思いや日々の気づきを更新中。

労働法の意義を考え直した2つのあぶない取引のはなし

昨日、今日と労働法の意義を考え直す出来事が続いたので、少しお堅い内容ですが、このタイミングで私自身の立場をまとめておきたいと思います。

 

同業の方向けの内容になっていますが、もしご関心に合いそうでしたら目を通して頂けると嬉しいです。

 

職安法違反のスキーム

LinkedInで知り合ったインド人から日本で人材ビジネスを展開するためにソーシングの相談をもらい、スカイプでのビデオコールとメールでビジネスの詳細を詰めていたときの話。

 

f:id:newbeginnings0710:20170930185113j:image

 

「日本の会社にインド人エンジニアをソーシングしたい」という話だったので、てっきり、日本のIT系企業の部門から業務委託を受けていて、そのプロジェクトに対応する人員が不足しているのだと理解していた。

 

契約の段階になって話がどうも噛み合わないので、どういうビジネスのスキームなのかを確認したところ、「日本の人材紹介会社にエンジニアを紹介するつもり」だという。

 

f:id:newbeginnings0710:20170930172719p:plain

 

これでは有料職業紹介の許可を持っていない(日本に法人すらない)インドの会社が人材紹介を日本の会社に行うという違法行為のお手伝いになってしまう。

 

さすがにこれは弊社では受けられない。

 

このスキームが法令違反になることを伝えたところ、その事実を知らなかった様子で、このスキームを提案した日本の紹介会社に苛立ちを感じてしまった。

 

日本人の信頼を落とすようなことするのはやめてほしい

複雑な労働法体系を日本でビジネスをしたことがない外国人が完璧に理解するのは至難の技のはず。

 

f:id:newbeginnings0710:20170930185207j:image

 

人事経験者でも労務管理や給与計算関係は理解していても、職安法や派遣法まで押さえている人は少ないのが現状。

 

それでも、人材紹介事業者であれば「候補者獲得を無許可の事業者に成功報酬で委託するのはNG」だということくらいはわかるはず。

 

まして、そんなビジネスに日本法を知らない外国人を巻き込むのはありえないでしょう。

 

何より、「インドと日本のビジネスの友好関係を活かして日本でビジネスをしたい」という彼らの気持ちを裏切るのは日本人全体の信頼を損なうことになる。

 

数回のビデオコールのなかで彼らの日本への強い関心と誠実さを感じていたので、今回はおせっかいを焼いてでも、リスクを伝えることに。

 

知らなかったでは済まされない

もちろん、どうするかは相手の経営判断。バレなければいいと思う人もそれなりにいると思うので、善悪を語るつもりはない。それは裁判所の仕事だから。

 

f:id:newbeginnings0710:20170930185327j:image

 

ただ、知らなかったでは済まされないから業法があり、許可事業とされているわけで、この点を伝えるのは業界内のプレイヤーとしては当然の話。

 

他にも、契約の最終段階で雇用契約を一部アレンジした契約書で業務委託を提案されることがあり非常に驚いた。

 

「仕事は従業員同様にしてもらうけれども、 労働者としての保証は一切ないよ」と読める構成。

 

もちろん、事業者なので労働者としての保証は求めていないけれども、業務委託という時点で役務の対象は時間または成果物となるはず。

 

もともと、「従業員のようにコントロールすることはできないが、満足いく結果がでなければディスカウントや解約ができる」内容にしていれば、トレードオフが成り立つのに、ここが通じない。

 

戦後に労働法体系が確立されていった理由とその具体的な意義を実感した出来事だった。

 

念のために 労働者保護論者ではありません

 これまでの書きぶりだと、「雇用の安全性を高めたいと考えている人なのではないか?」と見えてしまうかと思ったので、念のために書かせてください。

 

f:id:newbeginnings0710:20170930185417j:image

 

私は基本的には「雇用の流動性を高めることが、個人・会社・社会の発展のためにプラスになる」という考え方をしています。

 

これは「会社と個人は本来、対等であるべき」と考えているためです。とはいえ、上述の通り、労働法体系の基本コンセプトは欠かせないと考えています。

 

資本主義の社会において、個人では資本家の力に敵わないのは自明の理なので、私的自治の原則を修正する必要があると考えているからです。

 

一方で、「労働者全体に一律的に労働時間管理を求める論調」「解雇4原則」などは、競争力を高めないと国際競争で生き残れない企業環境である現状に対して機能不全になっていると感じています。

 

時間管理について以前のエントリーにまとめています。

sy-blog.newbeginnings.co.jp

 

 

具体的には以下の理由からです。

  • 20年以内に多くの企業が廃業する一方で、個人の就業期間は40年を超えることもある
  • 倒産の危機を迎える前に事業内容の変革が求められることがある。当然、事業が変われば必要な人材が変わる
  • 個人もライフステージによって理想の働き方は変わる

 

そもそも、ひとつの会社が従業員の一生をサポートするというのには無理があるので、「一企業のあり方を規制するのではなく、社会全体で変化が生じた時にピンチを迎えてしまったひとを受け入れ、次のチャレンジをサポートしよう」というのが私の考え方です。

 

35歳転職限界説や転職回数3回を超えたらジョブホッパー扱い、同一労働同一賃金の不徹底(ハイスキルな契約社員派遣社員をスキルが低いプロパーが管理している)といった事象を変えていくことが働き方改革の本質だと捉えています。

 

この数週間の出来事から改めて「働き方の柔軟性の重要性」「法令遵守の大切さ」というジレンマをいかに乗り越えるのか、というテーマについて考えたくなり、書かせてもらいました。

行動の価値は未来が決める

チャレンジをしていれば失敗はつきもの。

 

「うまくいくかどうかわからない」からチャレンジなのであって、必ずうまくいくとわかっていて取り組むことはただの予定調和。

 

そんなことは頭ではわかっている。そのうえでどうしたらいいか迷う。特に会社をやめる(転職、独立)時にはこの禅問答が続きがちだと思います。

 

現状維持とチャレンジは両立し得ないテーマ

f:id:newbeginnings0710:20170914201123j:image

予定調和の人生は面白みに欠ける気がするけれど、失敗したら今まで積み上げてきたもの(収入や地位など)を失いそうで一歩踏み出せない。

 

そんなキャリアの相談を度々受けるなかで葛藤を生み出す2つの感情について考えるようになりました。

 

「現状を変えたい(何かチャレンジしたい)」

「でも、失敗はしたくない」

 

この2つの気持ちの間で揺れ動く間はもどかしくて、苦しい時間になる。

 

両者は共存し得ないテーマなので、実現不可能なものを目指していることになり、ひたすら苦しくなっていくのは自然な感情の変遷だと思います。

 

解決不可能な葛藤から自分を解放する

f:id:newbeginnings0710:20170914201036j:image

まずは解決不可能な問いから自分を解放してあげることが大切でしょう。

 

チャレンジしたければ「失敗してもOK」と自分に許可を与える。失敗したくないという気持ちが強いのであれば現状維持も一旦OKとする。

 

「身近な誰かを比較して自分もチャレンジしなければ」といった強迫観念はなかなかクセモノですが、自分の気持ちを大切にするのが一番大切です。

 

 悩みの根っこをすっきりさせないと毎日がつらくて病気になってしまいます。

 

内側から小さく変える

f:id:newbeginnings0710:20170914201219j:image

心の持ちようを変えるだけなので立派な目標を掲げる必要もないでしょう。こうあるべきも何もない。

 

大切にしておけばいいのは以下の3点くらいでしょう。

 

  • 浮き沈みがあってもちろんOK!
  • 「そういう感じ方をする自分を発見した」ことに価値がある
  • 自分という個性を知り、うまく使いこなせるようになる道のりを大切にする

 

世間が定義する成功に当てはまらなくたっていい

 f:id:newbeginnings0710:20170914201306j:image

悩みから自分を解放するには「他人からの期待に応えるための選択をやめる」のが第一歩です。

 

世間が定義する価値基準での浮き沈みが絶えない私自身、悩みはほとんどありません。

 

むしろ、大した活動をしていなかった学生時代は悩みに満ちていました。「授業に出ないで卒業したい」という不可能な希望を持っていたのが原因ですが(笑)

 

年収も雇用形態も会社のネームバリューもあると便利ですが、無いからダメということにはなりません。

 

チャレンジをしていれば失敗はつきものだし、仲間と自分自身の間で納得のうえで決めたことであれば、他人からどう評価されても気にする必要はないでしょう。

 

ドロップアウトしたら楽になった

 f:id:newbeginnings0710:20170914201424j:image

20代半ばまでは「会社員としての成功=人生の成功」と思い込んでいたので、悩みが尽きなかったですが一度ドロップアウトしたらこの悩みはどこかにいってしまいました。

 

今日は当時のことを思い返しながら書いています。

 

そんな悩みから解放されたのは、先に触れたポイントを軸に動いてきたからだと振り返ってみて実感しています。

 

  1.  解決不可能な葛藤を捨てる
  2. 行動の結果を通じて自分の使い方&世間を知る
  3. 自分と大切な仲間との関係性を大切にする
  4. 細かい事情を知らない人からの評価は気にしない

 

生き様の一部としてのキャリア

f:id:newbeginnings0710:20170914201447j:image

そして、最後のポイントはタイトルにつながるところなのですが、「将来の目標に照らして、行動を選択する」ことでしょう。

 

これはメンターの一言がなければ深いレベルでは自問することはなかったと思います。

 

世間の評価を気にしまくっていた私は年収とかポジションを中心にキャリアのゴールを設定していました。

 

メンターはこの考えの危うさと私の個性とのミスマッチを即座に見抜いて、一言私に問いかけました。

 

「やしまさんはもし明日死ぬとわかっていたらどう行動する?」

 

ハッとしました。

 

目先の成果ばかり気にしていて、自分自身の生き様の一部としてのキャリアという考え方をしていなかったので。

 

行動の価値は未来が決める

f:id:newbeginnings0710:20170914201531j:image

転職の時、独立の時、

 

「うまくいきそう、年収が上がりそう」

 

軋轢がある時、

 

「この人に楯突いたらクビになるかも、昇進できないかも」

 

そんな損得勘定が働くのが普通の人間心理だと思います。私自身もこんな思いがよぎることがありますが、今となっては、これはワクワクしないのでこういう判断基準はあてにしません。

 

 f:id:newbeginnings0710:20170914203039j:image

 

そんな時は、「晩年に次世代にどんな話をできる人でいたいか?」というシンプルな基準だけで決めています。

 

  • 自分の信念を貫くのをほどほどにしておけば波風立てずに傷つかずに済むよ
  • 信念を貫いてドロップアウトしたけれどいろいろ経験したよ

 

私の場合はいつも後者の話ができる人でいたいと思うので、現状の延長線上では起こらない変化を意図的に加えるようにしてきました。

 

毎回、初めての要素があることにチャレンジするので程よく失敗もします。それでも、後悔もなければ悩みもありません。あるのは課題だけです。

 

生き方を変えようと決めた約5年前には想像していなかった道のりを歩んできましたが、本当にこの道でよかったと実感しています。

 

その途中は人間関係や経済的にもボロボロになった時期もありましたが、いろいろ失うと本当に大切なことに気づけます。

 

そして、それまで失いたくないと思っていたことが人生を複雑にしていたことにも気づきました。

 f:id:newbeginnings0710:20170914203118j:image

プロセスでは苦痛が大きいし、心ある仲間にたくさん心配もかけてきました。そんな生き方でも数年して普通に生きているとキャリアの相談を持ちかけられるようなことも出てくるのです。

 

未来の自分に問いかけ行動を選び、未来の仲間に役立つ生き方を選びということを繰り返すだけで、結構満足度が高い人生になることを実感しています。

 

ひとつの生き様の実践として誰かのお役に立てたら嬉しいなと思いながら、今日のエントリーは終わりにします。

 

一緒にいる時間の長さと人間関係の深さは比例しない

良好な人間関係は「お互いの状況を尊重する」ことで築かれるものであって、「いつも一緒にいる」ことは補完的な条件でしかないと感じる今日この頃です。

 

在籍期間よりも大切な仕事の密度

8月の東京出張を通じて、「共に過ごした時間の長さ以上に仕事観、人生観が重なりあうかどうか」がつながりの深さに大きな影響を与えるのだとつくづく実感しました。

 f:id:newbeginnings0710:20170826144201j:image

幸か不幸か、この数年で3社転職することになり、アルバイトでも1年未満でやめたことがなかったのに、4社も移ることになりました。

 

これは正社員としての会社員生命がほぼ途絶えるくらいのインパクトがあり、何より「2、3年で●●を実現したい」と思って入ったのでで毎回苦渋の決断を重ねた結果でした。

 

そんな短期間で移ることになった会社で出会った同僚との関係が良好なのは不思議なものです。

 

本当にありがたいつながりにひたすら感謝です。

  

 

 マンネリの原因は接触頻度の高さ? 

私自身は人との出会いには恵まれている方だと勝手に思っています。

 

それは、変化が激しい会社や不安定な雇用形態でも面白そうと思ったものにチャレンジしたからだと思います。

 

その結果、転職回数は増えましたが「一緒に何かを成し遂げたい」と語り合いながら仕事をできたのでマンネリもなく、とにかく真剣勝負の日々だったと振り返っています。

 f:id:newbeginnings0710:20170826144532j:image

この感覚とは対照的に、先日、とある場所で旦那さんの愚痴をかなりの早口で話す女性の言葉は言い得て妙でした。

 

「本当にそばにいるとイライラするから子育ての時間帯をそれぞれに割り当てて、極力会話が生まれないようにしているの」

 

 「前に1ヶ月くらい仕事でいなかったときはたまに電話で話すといい人だなって思う時もあったけどさ」

 

接触頻度がプラスにもマイナスにも働くことが見事に表現されていて、なるほどなと感心しました。

 

ものごとは相対的にしか認識されず、絶対的にハッピー、アンハッピーは存在し得ないのだと教わった気がします。

 

 

やはり大切なのは密度。時間は必要に応じてで十分。

大なり小なり変化がある日常のほうが人生の充実感は増していくのだと思います。

 

ワクワクした毎日を過ごすには多少のアップダウンを許容したうえで、変化を求めていくのが有効だと改めて実感しました。

 

そんなわけで結論にいたるまでの整理を最後にまとめておきます。

  1. 必要性をお互いに確認しないまま、接触頻度が増えると会えるのが当たり前になり、一回一回のコミュニケーションに対する集中力が落ちる。
  2. たまにしか会えないとわかっていれば、駆け引きやおべっかよりも出会いの価値に感謝しながら、これから先のお互いの仕事、人生に実りある話をしたくなる。
  3. 関係性作りには一定のまとまった時間が必要なのは否定しませんが、一緒にいるのは手段であって、それ自体を自己目的化するとマンネリにまっしぐらになる。
  4. 「当たり前」という感覚に浸ると、心と頭それぞれの働きが鈍くなってしまうので、意図的に変化をつける。

 

 

札幌に移住してからの半年を振り返る

3月は何となく節目になる月だと実感しつつ、早くも10日に。

 

 

あっという間に1/3ヵ月が過ぎてしまうスピードに冷や汗を書きながらも、札幌に来てから半年、起業してから丸3ヵ月と区切りがいい月。

 

 

そんな区切りでは、少しだけ足を止めて振り返りをしてみるのもいいかな、と思いながらのエントリーです。

 

続きを読む

プレミアムフライデー、残業規制の議論について思うこと

今日はプレミアムフライデーの初日ということで、「本当にうまくいくの?」といった投稿をちらほら見かけます。

 

そして、少しスクロールしたら、「残業上限が100時間になるかもしれない」という投稿もタイムラインに同居していて、何とも不思議な光景です。

 

f:id:newbeginnings0710:20170224170142j:plain

 

そんな状態を見て、私の個人的な考えでも、議論のプラスになればと思って、エントリーを書きたいと思います。

 

続きを読む

New beginningsが転職ノウハウまとめている理由

New beginningsの事業に専念してから、

あっという間に2ヶ月半が過ぎました。

 

この1ヶ月ほどで、サービスづくりや

サイトデザインなどを、かつての同僚や

取引先の方々がサポートして頂けるようになり、

 

「どうしてこの事業を始めたのか?」

 

を言語化したいと思いこのエントリーを書くことにしました。

 

続きを読む